レーシックの前には適性検査

レーシックの前には適性検査


レーシックの前には適性検査
レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。





レーシックの前には適性検査ブログ:12月08日

ぼくのお母さんや祖母は、
すごく料理が好きでした。

おやつはいつもお母さんの手作りで、
好物と言えば、最も古い記憶にあるのはマドレーヌ。
当時にしてはとてもモダンなおやつだったと思います。

もっと驚くのは、
お母さんにとっての「おふくろの味」が
タンシチューであったこと。

お母さんの時代でさえ店頭には今みたいな薄切りのタンはなく、
一本丸ごと注文して
ずんどう鍋でコトコト煮ていたのですから、
祖母の時代はなおさらのことだったと思います。

お母さんも生クリームを
牛乳屋さんと交渉して手に入れていたとよく自慢していました。

しょっちゅうお母さんが作ってくれた料理は
ジャガイモの「ニョッキ」。

大きくなってから
本場イタリアンのニョッキとは全然形が違うことを知って、
びっくりしました。

ぼくの頭の中では
ニョッキといえば白玉団子のように円盤形でした。

どこで作り方を知ったのかお母さんも覚えていないのですが、
あれのルーツを知りたいと今も思っているんです。

もう1つおやつで大好きなのがシュークリーム。

お母さんに教わってよく作っていたのですが、
子どもの頃、どうしてもショートケーキくらいの
特大シュークリームを作りたくて挑戦し、
大失敗したことがありました。

その時は機械を使わず、
人の手で生地に混ぜこめる卵の量に
限界があるなんて知らなかったんです。

卵がなかなか入らず、
ついにはすり鉢やスリコギまで登場…
結局、ふくらんだと思ったらペコっと落ちてへこんでしまい、
これには子どもながらに大ショック!

自信満々だっただけに、
今でもその経験はトラウマになっているほどです。

レーシックの前には適性検査

レーシックの前には適性検査

★メニュー

レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシックで乱視の治療も可能
交通費を補助してくれるクリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
レーシックの前には適性検査
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)話題沸騰のレーシック情報NAVI