レーシックで乱視の治療も可能

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 



レーシックで乱視の治療も可能ブログ:04月17日

減量をするときの鉄則と言えば…
「規則正しいご飯」と「適度なトレーニング」ではないでしょうか?

「規則正しいご飯」というのは、イメージすることができますよね。
でも「適度なトレーニング」の「適度」って、難しくないですか?

とりあえず、
普段、決まったトレーニングをしたことがないという人が筋トレをする場合には、
いきなり大きな負荷をかけないようにしましょう。

早く減量効果を実感したいという気持ちはわかりますが、
怪我をして、長期間体質を動かすことができなくなってしまっては、
元も子もありませんので、
最初のうちは、体質に優しいトレーニングをするようにしましょう。

スポーツジムなどにあるトレーニング器具を使う場合には、
「やや軽いのでは?」
というくらいの負荷から始めることをお勧めします。

とにかく、自分の体質に
トレーニングをするという習慣をつけることのほうが先決です。
そこから慣れてくれば、徐々に回数を増やしていけば良いのです!

筋トレをするときの回数についてですが、
連続して20回程度反復トレーニングをすることができるくらいの
負荷で行うということが目安になります。

まずは、トレーニングすることに慣れることが大切です。
そして体質が慣れてきたら、徐々に負荷を上げていきましょう。

筋肉を少しつけたいという人は、
10回前後トレーニングをして、
もう続けられないというくらいの負荷をかけると良いみたいです。

筋トレを行うときのポイントは、
自分の持っている力をすべて出し切ることにあります。

すると、筋肉の量が増し、
効率よく脂肪を燃焼させることができるので、
それだけ減量効果も期待できますよ!